2006年度入部プロフィール

2006年度(平成18年度)入部

青木 久則 (あおき ひさのり) 文学部
一見おとなしそうだが、話してみると個性的でとても面白い。いわゆる電車である。時刻表が無くても電車の時間がわかるのでものすごく使える。毎日古川の自宅からの電車通学も彼には楽しみ(なのか?) 先日自転車で家まで帰ったそうです。自転車通学の日は来るのか?

河合 祥平 (かわい しょうへい) 工学部
常に笑顔。彼の笑顔は周りの雰囲気を良くする。部室にたまっていることが多く、うんこの最有力候補。そのせいか先輩によくいじられる、というか愛されている奴である。走りも結構速い。しかし酒を飲むと「アッパー」を連発し手がつけられなくなり、「うざい君(アパイ)」になってしまう。危険(笑)
.
倉前 隆一 (くらまえ りゅういち) 工学部
背が高くてかっこいいさわやか好青年で、サイクリング部には珍しい?感じの一年生。夏季遠征では道行く人からお金やらお酒やらを頂いたらしい。走りのレベルはかなり高く、二年生はその体力をひそかに恐れている。これからに期待の一人だ。

佐藤 俊介 (さとう しゅんすけ) 工学部
青木君と同レベルの電車好き。二人が合わさればもう電車話が止まらない。酔っ払うとマシンガントークで人を褒めちぎり、反省を繰り返す。見てるととても面白い。まだまだ開拓の余地のある男だ。一人でトレーニングに行くなど走りに対する情熱も高く、特にダウンヒラーとして名高い。

高須 謙次 (たかす けんじ) 文学部
レーサー持ちで入部してきた。入部当初から速く、彼によって幾多の2年生が敗北をきせられてしまった。早くからレースにも参加している。料理の腕は一級品で、いろいろ気も利くので、サイク部期待のホープである。

寺内 優 (てらうち ゆたか) 経済学部
ある先輩により二次元の世界に誘われてしまった。夏休み中にそっち系の小説を乱読したらしい。しかし走りに対する情熱も高く、ランドナーに大量の重りを付けてトレーニングにいくという、無茶なことをしている。ほどほどにね。

徳田 夏樹 (とくだ なつき) 工学部
毒舌でSなので、話しているだけで相手を傷だらけにしてしまう危険な男である。その毒は先輩にも容赦なく襲い掛かる。ので、弱みは見せられない。走りもやたらに速いので、もう手が付けられない。2年生最大の強敵?でも明るくて面白い奴です。来年もその調子で新入生をいじめてやってくれ。

藤巻 頼太 (ふじまき らいた) 工学部
バイトが忙しいせいかトレーニングにはなかなかでれないが、一年生で唯一のマウンテンバイク乗りであり、毎日マウンテンで遠くから自転車通学している。周りのランドナーに負けるなー!

  • 最終更新:2011-07-29 23:17:04

このWIKIを編集するにはパスワード入力が必要です

認証パスワード